スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターンエンドについて

こんにちは、ゆうです~^^


前回の記事に続き、今回はターンエンドについてです。


僕がこの用語を初めて聞いたのはバージョン1,4の初期の頃でしょうか。

はじめは「なんじゃそりゃ?」といった状態でしたが、内容を理解するとなるほどな~っと思うようなものでした。

そして、ボスのターゲットになったら後退して、狙われていないメンバーで壁を維持することにとても大きな意味があることを、ここで改めて再認識することになりました。

今回はそんな、「壁とタゲ下がり」をすることに意味があるターンエンドについてです。

ターンエンドは一般的な物理構成のみでなくパラディン(ないし戦士)としてうまく立ち回るためにも理解しておいて損はない知識です。

人によって色々な表現の仕方があるかと思いますが、前回の壁同様、あくまで僕なりに理解した内容を記載させていただきます。

今回も強ボス戦を念頭に置いた内容となっています。





■ターンエンドって何だろう


ターンエンドとは

敵が本来しようとしていた行動が(壁などに入られ)一定時間出来なかったとき、当初予定していたものとは別の行動をしてくること

を意味します。

そしてここで大切な事は、

ターンエンドでの敵の行動は限られる場合がある

ということです。


少し抽象的なので以下具体的な例で見ていきます。

ターンエンド

前回の壁記事で使った図の転用です。

ボスのターゲットはCで、A、Bが壁に入っていることを想定してください(A,Bはパラディン一人でもいいです)。

A,Bが壁をうまくこなして、Cへの攻撃を阻止したとします。

このとき、ボスは当初「Cを攻撃する」という行動を取ろうとしていたわけですが、A,Bにうまく阻まれ、その行動ができそうにありません。


そうして一定時間経過すると(プレイヤーターンでいうと2~3ターンくらい)ボスはCへの攻撃をあきらめ、A,Bへ攻撃するか何らかの特技を使ってきます。

これがターンエンドでの行動です。


「Cへ攻撃する」という当初の行動が一定時間できなかったため、「A,Bを攻撃or特技を使う」という
別の行動を取るのです。


そして、繰り返しになりますがここでとても大切なことが

ターンエンドでの行動は限られてくる場合がある

ということ。


こちらは具体的なボスで見ていくとわかりやすいです。

例えばリベリオと羽根なし天魔を考えます。


この両者はそれぞれ強力な攻撃や特技があるのは、経験した方であればすでにご存知かと思います。

リベリオでいえば「抜刀さみだれ斬り」、天魔では「痛恨攻撃」や「ばくれつけん」。

上記の技はどれも脅威ですが、ターンエンドの行動ではこのいずれもやってこないのです!


もっというと、

リベリオのターンエンドの行動は「通常攻撃」か「抜刀太刀風」のみ

羽根なし天魔では「通常攻撃」か「天魔旋風脚」のみ

となっていて、この2つのボスはターンエンドでの行動が限られているのです。


つまり、タゲられた時に後退してそれ以外のメンバーで壁を維持していれば、敵はターンエンドでの限られた行動しかできなくなるのです!!


このようなことから、敵のターゲットになったら下がり壁を維持することは、結果として敵の強力な技を封じる手段となるのです。

その上で、リベリオでいえばターンエンド時の「抜刀太刀風」も非常に強力な特技ですが、あからじめどのようなタイミングで技が飛んでくるか予測することが可能です。僧侶はターンエンド時には下がっておくといった行動が取れますし、パラディンや戦士ではキャンセル待機がやりやすくなります。


恐らくリベリオに通っている僧侶さんで、壁に入っている時に不意の抜刀太刀風を食らったことがある人はかなりいることかと思います。

また、ロボの壁に入っているときに何の予兆もなく飛んできた回転切りを食らったことがある人がいるかと思いますが、これもロボのターンエンド時の行動に「回転切り」があることが原因です。


以上、ターンエンドについてでした。

もし今までこのことを意識してなかったという方は、是非ターンエンドについて考えながら戦ってみてください。

様々な点で戦い方の幅が広がるかと思います。







よかったら下のボタンをポチっとお願します!









追記

ターンエンドでの行動が限られてくるという点についての補足です。

これは逆に言うと猫の「さみだれ斬り」や天魔の「痛恨」「ばくれつけん」をかなり食らってしまう場合が多い方は、しっかりタゲ後退や壁がなされていない証拠になってしまいます。


とはいえ、壁をしっかりしていれば上記の強力な技を必ず防げるかといえば、そうは言えないのが現状です。

タゲ時の後退・壁がしっかりしていても、攻撃時に敵の怒りをもらってしまえば、そのまま痛恨などを食らってしまう事も多々あります。

これはどうしようもなく発生することがありますので、ご注意下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 やはな(八花)

Author: やはな(八花)

現在は主にドラクエXとモンハンXをプレイ中
ドラクエでは僧侶がだいすき。
モンハンではハンマー・弓・太刀を愛用しています。

●●●


ランキング参戦中です。
押していただけると励みになります!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当サイトはリンク・アリンクフリーとなっております。
リンク用テキストはこちら

相互リンクサイト様
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。