スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6度めの災厄の王を終えて【前編】

こんばんは、やはなです ^ ^

災厄の王の攻略がチームの中でまだだった、きてつさんとなぁなさんのお手伝いで
昨日再び災厄の王さまに会ってきましたv



災厄の王・6回目


私にとっては、なんだかんだで6回目の災厄の王になります。

1・4の時に、災厄の王7回目だの10回目だの……1日1エスタークを豪語するツワモノさんたちとご一緒させていただいたこともありまして、
そういった方々にとっては、現時点で6回などまだまだ少ないと思われるかも知れませんが…


それでも、6回を終えて、私なりに反省したこと、反省から学んだことはたくさんあります。

今日はそんなことについて書いていきたいと思います。

6回オール僧侶で行ったので、僧侶目線です。


用意する道具


準備


まほうの小びん…200本くらい 道中のために用意しておきましょう
まほうの聖水…50本くらい 戦闘中&道中に飲みます。余裕のある方は賢者の聖水でも良いです。
せかいじゅの葉…数枚 僧侶は戦闘中に使うのではなく、全滅した時に使います。
 念のため数枚持っておくと安心です



必要なスキル
信仰100&スティック100
つまりは祈りとキラポン


装備・アクセなど
ジゴスパークとインドラの矢が雷属性なので、ビーナスの涙が理想かと。
なければ闇耐性のつくロイヤルバッジでしょうか。

竜玉は持っていても持っていなくても1撃で死んじゃいますので、私は装備していません
まあ、ビーナスがあっても死ぬんですがね!


腕とスティックは、道中=消費なし ボス戦=詠唱速度 で使い分けが理想です。


あるといいもの(なくてもなんとかなるさ)
棍(あると道中にけっこう使えます)
マヒG・混乱G・呪いG




開幕の動き
僧侶2枚の時は、開幕は何より自分に聖女をすべきだと感じました。
祈りよりも天使よりも聖女を。


というのは、開幕に自分がタゲだった場合に、前衛の壁がどうしても間に合わないのと、
また、自分以外がタゲであったとしても、味方へ魔旋斬が来た時に巻き込まれてダメージを受ける恐れが高いためです。


通常攻撃でも、魔旋斬でも、やいばもスクルトも入っていない開幕の状態で受けたら死にます。

なのですぐに聖女をはるべきです。


僧侶3枚以上で行く時は、祈りから入っても大丈夫かと。



開幕後

味方のHPをみつつ、早めに祈りを。

回復をしつつ、やいばくだきが2回入るまではスクルトをガンガン入れていきます。
やいばがなくてもスクルトを入れることで、通常攻撃での死亡率を下げられるからです。


ターンの余裕をみつつ、天使をはり、さらに聖水を早めに飲んでおきます。

中盤以降は聖水を飲む暇もなくなることが多いですので、序盤にたくさん飲んでおけると良いです。

自分への聖女や、祈りの更新も忘れずに。
祈りが入っていないと、ベホマラで体力を満タンまで回復できない場合が多いです。



さてさて、長くなりそうなので、今日は前半という事でここまでにして、
その後の具体的な動きや気をつけると良いこと等については、
また次回(明日か明後日を予定)に書こうと思います~。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 やはな(八花)

Author: やはな(八花)

現在は主にドラクエXとモンハンXをプレイ中
ドラクエでは僧侶がだいすき。
モンハンではハンマー・弓・太刀を愛用しています。

●●●


ランキング参戦中です。
押していただけると励みになります!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当サイトはリンク・アリンクフリーとなっております。
リンク用テキストはこちら

相互リンクサイト様
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。