スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真災厄の王

こんばんは、ゆうです^^


実装後2,3日してから討伐してきたのですが、記事にするのがだいぶ遅くなってしまいました;;

ボス系はラズバーン強に続いて、本日は真災厄の王についてです~。








厄災 出発


真災厄の王、倒してきました!


先日の記事で出発場面だけ載せましたが、今回はボス戦を通して感じたこと・わかったことなんかを少し書いていきます。

旧・真ともに僧侶視点はやはなさんが以前の記事で扱っていますので、僕はパラディン視点でご紹介したいと思います^^




メンバー紹介と構成


まことさんからお誘いを頂いた段階ではさおりさん、僕と計3人だけ。そこからその時にいたフレさん達に声掛けをさせていただいて、何とか8人そろいました!


そろったメンバーは


まことさん(パラディン・魚)

ろぷろすさん(パラディン・プク)

リリーさん(僧侶・エルフ)

あすにゃんさん(僧侶・ドワ)

やはなさん(僧侶・魚)

さおりさん(魔法・エルフ)

ナツミさん(魔法・人間)

そして、パラディンの僕です。



ご覧のとおり


パラディン×3、魔法×2、僧侶×3


といった構成になりました!



耐性装備と作戦



耐性装備(テキトウに行こうぜ!)


耐性装備は色々な情報が出ていましたが、結局完備する必要はないだろう、ということでみんなその時点で持ち合わせていた装備でいきました。


このテキトウさ加減が素敵ですが
持っていた方は、呪いG、麻痺Gなんかの耐性装備を装着していきました。

また、じひびき系の技があるとのことで、念のためわたあめを食べていきましたが、敵のその技はキャンセル可能でした。


作戦


情報通のさおりさんと実践経験があったナツミさんのお話をもとに作戦を相談。


そして決まった内容が


「介護大作戦」


です!


これは、基本的にパラディン×3(要介護者)に僧侶×3(介護者)がそれぞれ個別に担当としてついて、補助や回復をこなしていくといった内容です!


まことさん    リリーさん


ろぷろすさん   あすにゃんさん


僕        やはなさん



といった感じで担当がつきました。


我々老人の命を生かすも殺すも彼女達次第です…!



基本的には僧侶がそれぞれ担当となったパラディンの回復や補助特技・呪文を入れていくのですが、緊急の場合は臨機応変に対応していただきました。

パラディンは基本的に敵の技をキャンセルショットで完封していき、魔法使いはひたすらに攻撃魔法を叩き込んで行くといった感じで作戦を立てました。

ちなみに、ヘナトスはとても入りにくかったので、戦士が輝ける場面は少なそうでした;;




真災厄討伐へ




真災厄の内容について書く前に・・・


このクエスト、ひたすらに長いです!!!



真を倒すのに、なぜか旧災厄の過程をすべてこなす必要があるのです;;


すごく面白くて何度でもやってみたいと思える内容だったのに、再度行く気が起きません(>_<)


行く時は時間に余裕を持っていくことをおすすめします!





さて、実際に戦ってみてわかったことなんかを。




パラディンをやる上で要注意なのは、4点だけかと思います。



①キャンセル待機


どのボスでもパラディンにはかならず求められます。なるべく余計な行動は避け、ターン保存と敵の技のキャンセルに努めます。


パラディンでキャンセルしてもガンガン敵からの強力な範囲攻撃が連打で飛んできますので、出来るだけ2ターン分ためておくとよかったです。


そして、壁役にタゲが向いていない時を見計らってビッグシールドやぶきみなひかりを入れていきました(もちろんキャンセル分のターンはしっかり保存できるように注意しつつ)。
また、ヘビチャ等、何か行動をするときには、常に他のパラディンさんの動きに注意してました。誰かが行動したときは、自分はキャンセル待機といった感じです。



②敵がでかい!


敵がでかいです。

でかいと何が困るかといいますと、壁に入っているときに敵が近すぎて行動エフェクトが見えにくいことなんです><

これは敵がタゲをもらっている人に歩いていたのに、急に止まったときや、敵の体の動きなんかで判断してキャンセルを入れていく必要がありました~。



③敵の怒りについて


旧ではほとんどなかったのですが、真災厄の王はよくパラディンに怒りを向けてきます。


強ボスに慣れている方は


怒り=即ロストアタック


ご法度となっていて


怒り=しばらく間を空けてからロストアタック


ということをご存知かと思います。


が、真災厄でパラディンに怒りが向いた場合即ロストアタックで対応しました!


これは、パラディンはキャンセル待機のため壁から離れることが危険だと判断したからです。




ただ、この場合は他のパラさんとロストが被らないようにすることに注意が必要そうでした!


これは、即ロストをやってしまうと敵がすぐ別の行動をしてくることがあるのですが(全ボス共通)、ロストが被ってしまうと、その分キャンセルするパラも減ってしまって、行動キャンセルが間に合わない危険があるためです。

壁前衛以外に怒りが向いた場合は、しばらく間を空けてからロストでいいかと思います。


④必殺技について


パラディンの必殺は万能に見えそうでいて、意外に弱点もあったりします。

その弱点の一つが敵の範囲攻撃です。


パラディンが必殺を使えば、しばらく敵をひきつけることが出来て、かつ数ターンダメージを受けません。


しかし、敵が範囲攻撃を使用したときに必殺使用者の近くに別の方がいれば、その人にはしっかりダメージが飛んでしまいます!


更に敵は怒り状態ですので、通常の時よりも大ダメージを受けることに。



必殺使用時は場面をよく考え、むやみやたらと必殺を使うことは避けた方がいいかと思います!







敵の行動については、ジゴスパークやインドラの矢など、旧とあまり変わらない行動をしていたかと思いますが、対象者周囲を巻き込む攻撃の連打(猫のさみだれ切りに似た技)なんかもありました。


基本的にはキャンセルで完封してしまったのですが、即死級の技も多いので、キャンセル出来なかった時のためにPTメンバー全員に聖女をしっかり配っておくことが大切そうでした!





真災厄たおしたー!

そんなこんなで初見でしたが、問題なく討伐完了!


ほとんどの方がボス慣れしていましたので、全体的に危ない場面もなく討伐することができました^^



この後勢いでネルゲル強も倒しに行ったのですが、結局一番大変だったのは耐性がないラズバーン強でしたね;;



ラズバーンは耐性を完備して、あっさりと倒してみたいものです!



ではでは、今回はこのくらいで(^O^)/








ついでにポチっと押していただけると喜びます!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 やはな(八花)

Author: やはな(八花)

現在は主にドラクエXとモンハンXをプレイ中
ドラクエでは僧侶がだいすき。
モンハンではハンマー・弓・太刀を愛用しています。

●●●


ランキング参戦中です。
押していただけると励みになります!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当サイトはリンク・アリンクフリーとなっております。
リンク用テキストはこちら

相互リンクサイト様
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。