スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーカーの理論と実践【データ編・その2】

こんばんは、やはなです。

ポーカーのダブルアップ検証記事、第2弾です!


第1弾の記事はこちらです→ポーカーの理論と実践【データ編・その1】


*なお、今回のデータは全て1Fのカジノテーブルにて取っています
*2Fのデータはもう少しコインが増えたら取る予定です
*え、さ、3Fですか? コインが7000枚を越えたことがない私に それを言いますか…



たたみます。







まずは前回の記事が長すぎたのと若干説明不足でしたので(力不足ですみません)、

改めて要点まとめ&補足をさせていただきます。



[論拠1]
ダブルアップで、最初にKやAが表示された時の成功確率が低すぎます。

数値をとった結果、明らかに偶然とは思えないほどの低さでした。

たとえあの時究極に運が悪かったとしても、Kに関して10%以下なのは確かです。



[論拠2]
ダブルアップに失敗してカードが開かれた時には、失敗確率が50%以下であるかのように見える。


[結論]
ダブルアップ勝率は、開いた時のカードの見た目どおりではない
 ↓
 ↓

[推論]
■先にカードの中身だけが決定しているとしたら、成功確率は開いたカードの見た目どおりになるはず。

 実際には見た目どおりでないので
 最初に少なくともカードの中身だけが決定しているわけではないといえる。
 ↓

■カードの中身が決定しているのではないとしたら、
 むしろ勝敗の方が先にほぼ決定しているのではないか?



前回の記事で言いたかったのは、大体こんなところです!



さてさて、今回はその続きです。
仮説を更に深めてまいりたいと思っています。


ではまた1つ、データをご覧下さい。


全部の数字をひっくるめた時の、ダブルアップ成功率です。
*引き分けや宝箱を含まず、あくまでも成功した回数のみを計算しています。


私(1回目)…成功率 51% (98/192)

私(2回目)…成功率 53% (105/199)

ユズルさん…成功率 54% (70/130)


総計…成功率 52% (273/521)



全体に、見事に成功率が約半分(もしくは52%前後)になっています

私はこれも偶然ではないと考えています。


100回以上のダブルアップを3回(うち2回は200回近く)検証して、
結果にこれだけブレがないということは、偶然にしてはできすぎているからです。


試しにさらに100回分のダブルアップをしてみましたが、
やはり100回中52回の成功(成功率52%)となりました。

うん、これはたまたまだとは思えないです。


というわけで、新たな推論です。


[推論]
ダブルアップの成功確率は約半々(もしくは52%前後)に収束するようになっている


論拠はデータだけです。
しかし、なんだなんだで累計621回(*前回より100回増加)のダブルアップを記録したものなので、
論拠として曖昧という事もないはずです。




さて、このことと前回の推論とを混ぜ合わせると、
ポーカーのダブルアップがどんなものであるかが大体掴めてきます。


[前回の推論]
ダブルアップの勝敗は、カードが表示された時にほぼ決まっている



どう決まっているかというと、そこで今回の推論です。

ダブルアップの成功確率が半々(もしくは52%前後)に収束するようになっている。



この2つを組み合わせて、

ダブルアップ全体の成功率が半々(もしくは52%前後)になるように
ダブルアップが調整されているのではないか


…というのが、今回の私の大きな推論です。




何せ本当の真実はデータだけではどうにもならず、
まさに真実は(スクエニという名の)神のみぞ知るセカイなので
これはあくまでも推論の域を越えるものではないかもしれません。


とにかく、何を信じるかはあなた次第ですが、何かの参考にでもなれば嬉しいです!
(参考例については、また次回・実践編にて書きます)




さてさて、最後に、ダブルアップ成功率の話とはあまり関係がありませんが
ポーカーをされる方にとってはやや気になるデータかなと思いますので、

宝箱が出る確率について、少し述べておこうと思います。


前回の521回の実証の結果、宝箱が出た個数は13個

ダブルアップに対する箱率は約2・5%となりました


この数字も実はかなり一定でして、

大体ですが
ダブルアップ40回につき箱1つ
成功回数だと21回につき箱1つ が出るようになっているようです。


確率ですので、運が悪いとダブルアップ30回以上成功してるのに箱が出ない(;ω;)
なんてこともありますが、

逆にそういう時は、もう少し頑張ればかなりの確率で箱が出ますよ ^ ^


これもカードを打つときの参考にでもなれば嬉しいです。



ではでは、全2回に渡ってお送りしたポーカーのデータ編、いかがでしたでしょうか?

数字と考察ばかりになってしまいましたが、興味を持って読んで頂けていたら幸いです


なおひき続き情報等もお待ちしております。




因みに、こんなデータやら実証やら実験やらが結構好きなせいか、

最近立て続けにフレさんに「理系っぽい」と言われます。


実際はバリバリの文学部の出身です


こんな理系的文系女子をを応援してくださる方、よければぽちっとどぞーん!





コメントの投稿

非公開コメント

No title

> 大体ですが
> ダブルアップ40回につき箱1つ、
> 成功回数だと21回につき箱1つ が出るようになっているようです。

これって、ミニマムベット時ですかね・・・?

No title

はい、1Fでのミニマムベット時(つまり1枚賭けの時)のデータになっています。

情報の書き込み不足ですみません><


また、あくまでも確率ですので、本文中にも書いたように、30回以上ダブルアップ成功していても箱が出ない…ということもあります。

何度も何度も試行を重ねると、「ダブルアップ40回につき箱1つ、
成功回数だと21回につき箱1つ」に確率が収束していくようだ、と捉えてください。

遅くなりましたが、コメント&ご訪問ありがとうございました ^ ^

No title

なるほどぉ、実に興味深いデータですね (*^ー゚)b グッド!!

マックスベット時の宝出現率が、どのくらい変わるんだろなー
あくまでも体感ですけど、10~15分の1くらいかなぁ。。。

あ、分母わ、失敗を含むダブルアップチャレンジ総数で (・∀・)

試行回数がまだ100もいってない程度だし、ちゃんと記録してたわけぢゃないので、精度がアレなんですけどね (´・ω・`)

そこまで考えると、箱の数もそおだけど、箱の色も気になるとこですねw

ミニマム時の赤箱、黒箱、金箱の率と、マックス時の赤箱、黒箱、金箱の率だと、やっぱ後者の方が高グレード宝箱をツモれる可能性が高いんですかね~

No title

こんにちは、お返事遅くなってしまいすみません><

マックスベットの時の方が、宝箱の出がいいかもしれない…と。

それは興味深い情報です!

早速1Fにてデータ取ってみます。宝箱の色についても見てみますー。

ちなみに、ミニマムベット時の宝箱の色なら、一応ですがデータを残しています。

ただ、開けた個数が14箱しかないので、情報として信頼がおけるレベルではありません;;

というわけてブログ本編にはあえて書かずにいたのですが、せっかくですのでこちらに載せておきますー。


赤箱…10/14(71・4%)
黒箱…3/14(21・4%)
金箱…1/14(7・1%)


ご参考までに^^
プロフィール

 やはな(八花)

Author: やはな(八花)

現在は主にドラクエXとモンハンXをプレイ中
ドラクエでは僧侶がだいすき。
モンハンではハンマー・弓・太刀を愛用しています。

●●●


ランキング参戦中です。
押していただけると励みになります!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当サイトはリンク・アリンクフリーとなっております。
リンク用テキストはこちら

相互リンクサイト様
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。