スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷす・くも

いきなりバナナですみません

バナーナ

いや、これにはちゃんとした理由があってですね。

下の記事 を読んで初めて
ゆうさんが自分の家にバナナトラップをしかけていたと、やはなは知ったわけですよ。

くっ…くやしい!!

ってなわけで、バナナなんです。
え? これ以上の説明?
そんなものはない!!

あれ?
そういえば、私トラップひっかからなかったな……

誰かが私の代わりにひっかかってくれたのでしょうか?

かかった方、どうもうちのゆうが申し訳ありません。

そうそう、できれば、ひっかかったついでに、ゆうさんの家にトラップを仕掛けてきてください。
出入り口付近が望ましいです。

ていうかね、
私もバナナトラップ欲しいよううううー(爆)!!!

…はい。
最近前置きが無駄に長い!!



さてさて、ここからが本題です。
今日は、物理での覚醒プスゴン攻略について、気づいたことなんかのメモと、
あとは蜘蛛についても少し書きたいと思っています。

pus.jpg

ピンクプスゴンの記事から参ります。

物理プスゴンなのですが、ロストアタックの仕方によって、大きく3つの戦法に分けることができそうです。

戦法1
とにかく怒り全部にロスアタする

戦法2
怒りを全部放置する。怒りのタゲの人はひたすら逃げる。

戦法3
僧侶と魔法戦士に対する怒りのみ放置する。物理に対するものはロスアタをする。

ここ数戦、野良でする際に、だいたい戦法1だったので、やりかたがそれに固定されてきているのかなーと感じますが、
個人的には戦法2や3も好きです。

2や3のいいところは、物理がロスアタやタゲ把握に気を配らなくてもいい時間が生まれることで、
その間ざくざく攻撃できるので、結果的に戦闘時間が短縮される点と
怒りタゲの人が逃げ続けることで、僧侶のターンを稼ぐことができる点です。

もともと物理でのプスは、タゲられた人が逃げることが前提なのですが、
怒り状態であることで、タゲ把握も容易になります。

ただし

良いところばかりではもちろんなくて、この作戦の厄介なところもありまして。
そのうちの一番大きなものが魅了です。

怒り状態だと、プスは割りと頻繁に魅惑のまなざしを使ってきます。
怒りタゲ以外の人にも平気で使ってきます。

この攻撃で物理が魅了されるとキケン信号です……。

なので、「●●に魅惑のまなざし」というコマンドが表示されたら、
怒りのタゲ以外の人はいったん手を止めて、ツッコミ待機する必要があります。

ツッコミ待機がうまく機能しさえすれば、この作戦も怖くありません。


作戦1だと逆に、魅了問題はあまり起きないです。
ませんも協力してロスアタに努めればなお良しです。
*ませんのロスアタはたまに外れるので(試した結果、攻撃力206でも時々外しました)
 時間のあるときに自分にバイシをしておくとよいです

ただし、作戦1は作戦1で、
怒りなしでも素早くタゲ把握できることが前提だったり、
タゲ把握がてきていたとしても、ロスアタに時間を取られてしまったりと、
やはり良し悪しはあると感じています。


僧侶の動きについて

他の僧侶さんがどう動いているのか気になって、物理プスは今のところ魔法戦士でばかり行かせていただいています。
その結果報告のような感じなのですが、ほとんどの僧侶さんは開幕祈り→自分に聖女の流れで動かれていました。
その後、回復しつつ前衛に聖女を配ります。

その他の動きについては個人差があるようで、自分へのキラポンを優先している僧侶さんもみえましたし、
スクルトをかける方、ズッシードを入れられる方など色々でした。

どれにもそれぞれのよさがありますので、僧侶さんのやりやりやすいようにするのが一番なのかな。

ませんの動きについて

どの戦法でいくにせよ、ませんにとって一番重要な仕事は、無駄にダメージを受けないこと。
これに尽きると思います。

バイキもピオリムもMPパサーももちろん大事ですが、
ませんが僧侶のターンを稼ぐことこそがプス戦勝利への最大の鍵です。

私もまだまだ無駄にダメージを受けてしまいますので
修行をつまないといけないところです><



プスのまとめはこのくらいにして、
以下は魔法で蜘蛛に行った記録です。

今更魔法で蜘蛛?と思われる方もいるかもしれません。

私も、フレさんが

「装備新調してインテリなしで攻魔500越えたから、蜘蛛で試し打ちしたい!」

…というお誘いをしてくれなかったら、魔法構成で蜘蛛に行くことはなかったでしょう。

しかし実際にはそんな一言から始まった、久々の魔魔パ僧構成での蜘蛛討伐。
こんなノリでした。

やはな「この際、せっかくだから魔法最短記録に挑みたいよね!」
フレさん「いいね!」


ってなわけで、インテリなしで攻魔497の方をもう1人とっ捕まえて、いざ出陣!

魔法くも

なんと3分切りました

もう下手な物理なみのタイムです。
しかもパラ以外小ビン補給なしで3連戦いけます。
魔法も全然、捨てたものじゃなかった!!

そんな当たり前のことを再認識させられました。
フレさん、ありがとう。


ちなみに、魔法ですが、基本的には早詠み覚醒からのメラミ連打。
壁が安定した頃に魔法陣もすかさずはり、
必殺が来たらメラゾーマをばんばん打っていました。

最近はパラがすごく固なってて、蜘蛛の2連撃を耐えられる=パラに対して秒間ホイミをしなくてもよくなっています。
おかげで僧侶はぶきみをする暇が増加していました。
これも時間短縮にはありがたい。


ではでは!!
いつもより長く書いた気がします!
私頑張った!

そして読んでくれた方、本当にありがとう!!

よければランキングボタンお願いします! m(_ _)m


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 やはな(八花)

Author: やはな(八花)

現在は主にドラクエXとモンハンXをプレイ中
ドラクエでは僧侶がだいすき。
モンハンではハンマー・弓・太刀を愛用しています。

●●●


ランキング参戦中です。
押していただけると励みになります!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当サイトはリンク・アリンクフリーとなっております。
リンク用テキストはこちら

相互リンクサイト様
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。