スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「災厄の王」初挑戦【後編】

前回の記事から続いております。
構成や道中のことについては、そちらをご覧くださいm(_ _)m


長い道中(迷宮のような作りでしたが、階数が多く、敵の数も多かったです…)をクリアし、
ついに災厄の王のもとへたどり着いた8人。


災厄の王jpg



ボスを前に8人が横に並んで武器を構えたとき、なんか言いようのない感慨深さを覚えました。

ここまで一緒に冒険してきた仲間達が、こうして一堂に会するときが来たのだなと。



しかし感傷にふけっている余裕などありません。戦闘はすぐに始まります。

私は開幕祈りから入り、その後の具体的な動きは覚えていませんが、
5ターン目くらいにはスクルト2発と自分への聖女をかけ終わっていました。

割かしスムーズな滑り出しだったと思います。
その後隙を見て天使をはり、とにかく祈りとスクルトの更新に気をつけつつ、
チョウスケさんやユズルさんと協力しながら、基本ベホマラーで回復していきました。

仲間が死んだ場合の蘇生の優先順位は、
パラ・戦士>僧侶>その他

特にパラと戦士へのザオラルは素早くするように心がけました。

この戦いは、とにかくパラと戦士を残すことが大事だと思ったからです。

負けなければ、いつかは勝つことができる。

僧侶として、勝つためのイクサというよりも、負けないため・生き抜くためのイクサをしていた感覚です。



ところが。

ここで私は1つ、すごく重大なミスを犯していました。

それはキラポンをしていなかったことです。

黄色くなってからキラポンでは間に合わないから、適当な時に入れておこうと思っていたのに…。

気づいたら敵が黄色になっていました。
黄色くなってすぐに、技がとんできました。


それも魔触が飛んできました。

魔触というのは、おそらく災厄の王最強の技で、
範囲内ダメージ&呪い・麻痺・幻惑の追加効果のある技です。

おろらく、全員が呪いか麻痺になったのでしょう。
動かなくなりました。

私自身は、麻痺と呪いにダブルでかかってしまっていました。


もう本当にやばいと感じました。



でも、気づくと、戦士あっちゅんさんが敵にずっと体当たりをしてくれていました。
動けるようになた仲間達が、1人1人行動に移っていきました。


こうしてPTは、なんとかこの最大の危機を乗り越えることができました!!


この後も、何度かばたばたすることがありましたが、その度にみんなの力で頑張りました。


そしてついに…!


そして撃破


撃破!!

色々ミスもありましたが、初挑戦でなんとかクリアすることができました。

本当にみなさまのお陰です。

ありがとうでした!!



個人的には、キラポンの件をもそうなんですが、MP管理がほとんど自分でできていなかった点など、
反省点も大いに残る戦いでした。

もっとうまくならにゃあ、と改めて感じました。
修行して参ります。


ではでは、今日はこのあたりで ^ ^


↓よければぽちっとどぞぞぞ!


災厄の王(バナー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 やはな(八花)

Author: やはな(八花)

現在は主にドラクエXとモンハンXをプレイ中
ドラクエでは僧侶がだいすき。
モンハンではハンマー・弓・太刀を愛用しています。

●●●


ランキング参戦中です。
押していただけると励みになります!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
当サイトはリンク・アリンクフリーとなっております。
リンク用テキストはこちら

相互リンクサイト様
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。